2012年11月24日

岩元のおせち、こだわりの三段重40品

こだわりの原材料妥協を許さない京都祇園の料亭「岩元」、
その「岩元」が日本料理の伝統に斬新な意匠を加え、
総力を挙げて作りあげた「おせち」は、本当に美味しいと評判です。

盛られた料理は、全40品、「寿の重」「福の重」「康の重」の三段に重ねられた
京料亭の技の味は、必ずお正月の楽しい団欒のひと時を和ませてくれるはずです。

栗金団、黒豆、数の子、にしん、海老と日本のお正月に欠かせない素材を、
ふんだんに使った「岩元のおせち」、
今度の年初めには、忘れず食卓に飾りたいですね。




posted by 岩元おせち at 11:40| 日本料理の伝統 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本料理伝統の岩元のおせち

おいしい「おせち料理」を、ゆっくり家で食べたいという庶民の「夢」
なんとそれを叶えてくれる「おせち」があるんです。

それが、京都祇園の料亭「岩元」監修のおせち「匠」。
京料亭の味わいを、心を込めて詰め込まれた伝統の技が、
惜しげもなく生かされているおせちです。

家族団らんで新年を祝いながら美味しい「おせち」が食べられる、
京料亭の深みのある味は、必ず満足させること、間違いありません。

今度のお正月は是非「岩元のおせち」を食してみてはいかがでしょうか。




posted by 岩元おせち at 11:30| 日本料理の伝統 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。